移転後横浜アンパンマンミュージアムの駐車場は無料?混雑予想!

こんにちは、Saraです。

お子さまをお持ちの方ならわかって下さる方が多いと思いますが、子供ってたいてい一度はアンパンマンブームがやってきますよね。とにかくアンパンマンを愛してやまず、お家の中は見渡す限りあんぱんまん、アンパンマンさえいれば、イヤイヤな我が子のご機嫌もたちまち良くなったり、なんてこともあります。

そんな時期がくるとだいたい行ってみよう!となるのがアンパンマンミュージアム、アンパンマンブーム真っ只中のお子さんにはうってつけの遊びスポットですよね。

なかなかのお値段がするので、親としてはいたい出費…でも子供が大喜びで遊んでいる姿をみると来てよかったと思えるもんです。

そんなアンパンマンミュージアムが

移転し、2019年7月7日新しく生まれ変わります!!

更に子供が楽しめるスポットに生まれ変わるとのことなので、大人の私たちもワクワクしますよね。

そして場所も変わるので、アクセスや駐車場情報も気になるところ。

そこで今回は、移転後横浜アンパンマンミュージアムの駐車場は無料?混雑予想!についてご紹介します。

【移転後アンパンマンミュージアムとは?何が変わる?】

さて、移転後のアンパンマンミュージアムとは、どんな施設になるのでしょうか。


横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールは、2007年4月に10年間の暫定施設として、期間限定を前提に営業を開始しました。
開業当初からご好評を頂き、オープンから一年を待たず有料施設の累計入館者数100 万人を達成。(2008年4月4日、開業から351日目)


PRTIMES記事より

オープン後1年を待たずに100万人の来館者を達成と驚異的な人気を見せたアンパンマンミュージアム。おそらく、オープン当初はここまで大人気施設になるとは予想していなかったのではないでしょうか。


横浜の施設は2017年に開業10周年を迎え、当初計画時の営業期間満了時期となりましたが、全国5施設のフラッグシップ施設として営業を継続すべく、横浜市のみなとみらい60・61街区事業者公募に参加・当選し、本計画地へ恒常的な施設として移転する事となりました。

PRTIMES記事より

契約期間の10年を迎えましたが、10年たっても変わらない大人気施設なので、この機会にしっかりと横浜に構えよう!となったのですね。


恒常的なキャラクターエンターテイメント施設として、さらに密度の濃い参加・体験ができる施設へと深化した、「横浜アンパンマンこどもミュージアム」として生まれ変わります。


PRTIMES記事より

今までよりももっと子供たちが参加できる施設になるのは嬉しいです。

現状でも十分満足できる内容ですから、どのような施設に生まれ変わるのか、早く全貌が知りたい!!

気になる【入館料】は、

2,200円税込(1歳以上)で、ショップ&フード・レストランは無料です。

現在は1,500円ですので、少し値段が上がります。

1人2,200円、仮にママと子供1人で行った場合、合計4,400円。

・・・なかなかの値段ですね。でもこれで1日子供が思いっきり楽しく遊べるのであれば、良いですね!!

年間パスのようなお得なチケット制度など作ってくれれば良いのにな~と思いますが。

【いつから新しくなる?】

現在のあんぱんまんこどもミュージアムは2019年5月26日をもって営業を終え、2019年7月7日より、新施設がオープンされる予定です。

具体的に何が大きく変わるのでしょうか。

新アンパンマンミュージアムは何が変わる?

広さは約2倍になります!

さらに密度の濃い参加・体験ができる施設というだけあって、ショーやイベントが出来るスペースを広く取っているイメージです。

横浜駅から近くなり、アクセスが断然しやすくなります


詳しくみていきましょう。

広さが現在の約2倍の大きさになります。

延床面積を新旧で比べてみると、

現在のアンパンマンミュージアム 約6,200㎡ 

新アンパンマンミュージアム 14,053.93㎡(4,251坪)

建物は現在地上3階建てですが、新アンパンマンミュージアムは

地下1階地上3階たてとなります。

となります。

現在は、狭いというわけではないでしょうが、入館者数に対する敷地面積が狭いというか、どうしても横浜という立地上混雑しているイメージですね。

もうちょっと子供が広々と遊びまわれれば良いなと感じていたので、これはかなり期待大です!

さらに密度の濃い参加・体験ができる施設というだけあって、ショーやイベントが出来るスペースを広く取っているイメージです。

【参加・体験できるイベント広場が2つ?他にもイベントスペースが?!】

参加・体験がより密にできる施設と発表しているとおり、

参加・体験型イベント広場が多く作られそうですね。

1階には、

広場イベントが出来る予定です。

イメージの絵から推測すると、広場イベントは、 ばいきんまんが乗った大きなだだんだんがやってきたー!という設定で広場イベントの真ん中にどーんとですだだんだんが。
だだんだんを囲むように観客がいるイメージ絵なので、観客である子供たちが ジャムおじさんと一緒にあんぱんまんミュージアムを守ろう!という
参加型のイベントが開催されるのではないでしょうか。

3階の中には、

ミュージアムメインステージ、ミュージアムひろばが出来る予定です。

ミュージアムメインステージはあんぱんまんたちキャラクターが出てきてショーをしてくれるようです。今のやなせたかし劇場のようなものですね。

ミュージアムひろばは、今でいう3階のなかよしタウンでしょうか。ただ、子供たちが駆け回ったりもでき、その中で小さなイベントも開催予定とのことなので、ここでも参加・体験型を意識した作りになりそうですね。

以上が主に参加・体験できる施設となりそうです。まだ、今現在未発表の部分もありますので、更に参加・体験できる施設ができるかもしれませんね。

それ以外にも、

1階にはファミリーステーション、3階にはみんなのまちわんぱくアイランドが作られる予定です。

ファミリーステーションは、トイレや授乳室ができる予定です。

みんなのまちは、今もあるみんなのまちの延長でしょう。ただ、イメージ絵を見ると、みんなのまちの各お店が真ん中の通路を挟んで両側に並ぶ商店街のような作りになっているので、街並みも今までとは少し変わりそうですね。各お店も大きめに作られ、より街っぽい雰囲気になるのではないでしょうか。

まるであんぱんまんの街の世界で遊んでるような気分にさせてくれそうです。

また、わんぱくアイランドには、たくさんの子供たちが一度に遊べる大きな遊具が作られそうです。ここは今で言う、1階わんぱくタウンの一部でしょうか。今までは滑り台とちょっとしたボールで遊べるスペースしかありませんでしたが、新あんぱんまんミュージアムでは、

ボールプールにツリーハウスなど、今までになかったような本格的遊具が備え付けられそうですね。

【場所・アクセスは?駐車場は無料?】

場所は、

〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい6丁目2番

アクセスは、

JR「横浜駅」東口より徒歩10分

みなとみらい線「新高島駅」4倍出口より徒歩3分

となります。

現在は、新高島駅より徒歩7分の距離ですので、駅から近くなります。

子供連れの移動は大変なので、少しでも駅が近くなり便利になることは良いことですね。

駐車場についてですが、

現在駐車場は併設されていますが、

新アンパンマンミュージアムでは地下1階が駐車場になります。

できれば、駐車場は無料だと嬉しいですが・・・現在も駐車場は無料ではないですし、最寄り駅から近くなるという利便性もあるので料金はかかりそうですね。

ただ、他の横浜駅周辺のショッピングビルを見てみると、いくら以上購入すれば、何時間無料といったサービスがあるので、このようなサービスが出来ると良いですね。

【混雑は?】

現在も土日は特に混雑する超大人気スポットです。間違いなく混雑するでしょう。

7月7日にオープンですので夏休みシーズンも重なります。おそらく、オープン後数ヶ月は営業時間は常に混雑なのではないでしょうか。特にオープンしたての頃の土日は入場規制なんかもかかるかもしれませんね。混雑を避けたいのであれば、

やはり平日に行くことをおすすめします。

大混雑は避けたいな~でも早く新施設に行ってみたい!

という方は、現在、新あんぱんまんミュージアムの公式ホームページにて、

2019年6月1日まで、公式アカウントをフォローし、
アンパンマンのコーディネートをした写真を「#アンパンマンコーデ」のハッシュタグと一緒にインスタ投稿すると、オープン前にミュージアムを体験できるチケットが抽選で150名に当たるそうです。

投稿するだけですので、やってみる価値ありますね!!

詳しくはこちらの公式ホームページからご確認ください。

【まとめ】

今回は、移転後横浜アンパンマンミュージアムの駐車場は無料?混雑予想!

についてご紹介しました。

あんぱんまんミュージアム、どう生まれ変わってくれるのか楽しみですね。パワーアップしてまた子供たちを楽しませてくれることでしょう。

私も子供と一緒に、夏休みにでも一度行ってみたいな~

なんて思っています。

移転後アンパンマンミュージアム、要チェックですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA