カルディ福袋2020の抽選倍率や当選結果は?再販や店頭販売もチェック!

こんにちは、Saraです。

いよいよ、福袋の時期到来ですね!!

毎年、全国各地のお店で福袋販売は盛り上がりを見せていますが、中でも毎年人気な福袋の1つが、「カルディ」の福袋ですよね!

カルディは、おしゃれな輸入食材やおいしい国産の厳選された商品が手に入り、店内に入るとウキウキワクワクが止まらなくなる、そんな大人気のお店。

それだけに、毎年福袋も激戦となっています。

そんな激戦が繰り広げられているカルディ福袋2020の

抽選倍率
当選結果
再販
店頭販売

についてまとめてみました。

題して、
カルディ福袋2020の抽選倍率や当選結果は?再販や店頭販売もチェック!

です。

それではみていきましょう!!

カルディ福袋2020の抽選倍率や当選結果は?

抽選倍率は?

これまでの抽選の結果について、皆さんの反応をみてみましょう。

やはり倍率はかなりお高めのようで、ツイートを見ていても、落選したという声を多くみかけました。

ネットで購入できれば、年始から店頭に並ぶ必要もなくなりますし、出来れば楽してゲットしたいですよね(笑)

となると、やはり応募する方もたくさんいるでしょう。

昨年の店頭販売では、ネットで抽選販売される対象の商品「食品福袋」「もへじ福袋」も販売されていましたが、数量限定販売となっていました。

各店舗、50個〜100個くらいの限定販売だったようですね。

ここで、店頭販売で販売されていた食品福袋ともへじ福袋の数量を参考に倍率を計算してみたいと思います。

カルディは、2018年8月現在、全国に421店舗あります。
仮に、各店舗で平均として食品福袋は50個、もへじ福袋は70個販売されるしたら、店頭販売された各福袋の総量は、

食品福袋は21,050個、もへじ福袋は29,470個

となります。

ここでは、この予測店頭販売数量と同じ数の福袋がネット販売されると仮定します。

次に、申し込む人数を予想していきましょう。

カルディの公式インスタグラムのフォロワー数は、42万3千人です!!

このフォロワー数の7割の方が、各福袋に応募したと仮定すると、

食品福袋の抽選倍率は、約20倍
もへじ福袋の抽選倍率は、約14.3倍

という予想となります。

もへじ福袋の方が、数が多いのでその分倍率も低そうですね。
実際、ネットでの皆さんの反応を見ていても、もへじ福袋に当選したという声が多くみられましたので、もへじ福袋の方が当たりやすいのかも?しれません。

それにしても、なかなかの高倍率、当選するにはかなりの運が必要ですね。

こちらの倍率は予想となっていますので、皆さんの参考となれば幸いです。

当選結果は?

今年の詳細はまだ発表されていません。

当選結果についての昨年のスケジュールはこちらです。

【応募期間】
2019年12月1日〜12月3日

【抽選発表日】
12月6日頃から

かなりタイトなスケジュールですね。
応募期間もかなり短くなっていますので、ご注意ください。

インスタやTwitterなど、カルディの公式SNSをフォローしておくか、公式サイトからメルマガ登録をしておくと、福袋販売の詳細の案内が届きますので、情報を逃さずキャッチできます!
こちらをご利用してみても良いかもしれません!

カルディ福袋2020の再販や店頭販売は?

再販は?

万が一、抽選に落選してしまった場合、残念ながらネットでの再販というものはないようです。。

ですが、落選したと思っていても、まだわずかな希望が残っているかもしれないんです!

それはずばり、

繰上げ当選です!!

繰上げ当選とは、当選したにも関わらず、期間中に購入手続きがなかった方がいた場合、その商品を再度抽選にかけるというシステムですね。

昨年、この繰上げ当選があったようですので、今年も実施されるかもしれません

ただこちらに関しては、手続きされなかった福袋があった場合となりますので、かなりのレアケースではないでしょうか。

でも、こういったケースも考えられますので、落選してしまったとしても、希望は捨てずに連絡を待ってみても良さそうですね。

昨年は、当落結果が12月6日頃に発表されており、繰上げ当選の連絡があったのが、12月10日。
発表日から4日後ということになります。

ですので、抽選発表日から1週間くらいは待ってみても良さそうですね。

店頭販売は?

先程も少しご紹介しましたが、カルディの福袋は、店頭販売を行っており、その中で「食品福袋」と「もへじ福袋」についてのみ、ネット抽選販売を実施しています。

ですので、抽選が行われるこの2つの福袋についても、店頭販売は行っているんです。

もし抽選で落選してしまった〜という方は、店頭販売にチャレンジしてみても良さそうですね!!

店頭販売の時間や数量については、各店舗にて異なっており、
詳細については各店舗に案内が張り出されます。

ちなみに、昨年は12月中旬頃には、案内が掲示されていたようですので、チェックしてみてくださいね!

食品福袋は、50個〜70個、もへじ福袋は70個〜100個ほどの販売となっていて、数がかなり少なくなっており、こちらの2点については引換券も配布されています。

抽選制ではなく、先着順にて引換券を配布していますので、当日は気合いを入れて並んだほうが良いかもしれません。

まとめ

今回は、
カルディ福袋2020の抽選倍率や当選結果は?再販や店頭販売もチェック!

についてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

倍率はかなり高そう・・・
ですが、繰上げ当選の可能性、そして店頭販売でも同様の福袋がゲットできるということがわかりました。

いずれかの方法で、2020年の福袋をゲットできることをお祈りしています!!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA