富津公園ジャンポプール2019赤ちゃんのオムツはOK?!テントの持ち込みは?

https://polkadot-momlife.com/wp-content/uploads/2019/06/423249.jpg
夏子ちゃん

暑い~!!

夏休みだし、プール行きたいよ~!!

https://polkadot-momlife.com/wp-content/uploads/2019/06/1385245.jpg
パパ

そうだね~行きたいね~

でも赤ちゃんいるしな~。

オムツ履いてても行けるかな~

熱中症にならないように、テントも必要かなぁ。

こんにちは、Saraです。

ここ最近の夏は本当に暑いですよね。

暑いというか、暑過ぎるというか、もう自分が焼けてなくなっちゃうんじゃないかと思うくらい、できるだけ外にも出たくない暑さです、本当に。

でも、ずっと家にいるのもなんだか退屈だし、なんなら子供がいる家庭なんかは、夏休み中で子供はお出かけしたがるので、どこか行きたいな〜となった時に、真っ先に思い浮かぶのが『プール』ではないでしょうか。

千葉県富津市にある『富津公園ジャンポプール』もそんなプール施設の1つですね。

スライダーなどのアトラクションもあって1日楽しめるスポットです。

そんな富津公園ジャンボプール、いざ行こう!と思ったものの、赤ちゃんがいるご家庭の方は、

「あれっ、オムツってして入っていいのかな?」なんて疑問に思いますよね。

また、
「1日外じゃ暑いし、出来ればテント持っていきたいな」なんて疑問も。

ということで、まとめてみました。

題して、富津公園ジャンポプール2019赤ちゃんのオムツはOK?!テントの持ち込みは?

です。

それでは早速ご紹介していきます〜!!

富津公園ジャンボプールについて

まずは、富津公園ジャンボプールについて少しご説明していきますね。


富津公園ジャンボプール2019概要
営業期間:2019年はまだ発表がありません。発表ありましたら、追記します。
営業時間:同様
住所:千葉県富津市富津2280(富津公園内)


流れるプール、造波プール、競泳プール、ちひっこプール、スライダープール

と、目一杯楽しめそうなこの富津公園ジャンポプール。

過去に行った方たちからの評判はこんな感じでした。

夏シーズン真っ盛りの時でも、

そこまで大混雑もなく、かなりの穴場スポットかもしれませんね!!

かなり昭和館感漂うプールで、昔の日本を味わえそうで、それもまた良いかもしれません(笑)

ただ、ちょっと大きめのお子さんだと、2回目以降の来園は少し物足りないかもといった意見も。。

でも、この混雑具合はかなりポイント高いですね!!

同じ千葉県内の『稲毛海浜公園プール』は、営業期間中は、とにかく大大大混雑です!!

開演前から気合いで行かないと、日陰の場所など確保することは到底出来ません。

そう考えると、そこまで気合いを入れなくてもさらっといける、のんびりゆったり行きたい方には富津公園ジャンボプールはちょうど良いかもしれません。

赤ちゃんはオムツ履いてても大丈夫?

さて、赤ちゃん連れのご家族の方が知りたい情報はここではないでしょうか。

せっかく行ったのに、オムツがだめだったから入れなかった…なんてことになったら、悲しすぎます。

ということで調べてみました。

富津公園ジャンボプールでは、

児童プールのみ、利用可能です。

児童プールであれば、オムツで入れるんですね。

https://polkadot-momlife.com/wp-content/uploads/2019/04/1224304.jpg
パパ

オムツ履いても行けるのか!!

よし娘の夏子も行きたがっているし行こう!!

・・・でも、どんなオムツを履いていけば良いんだ?

では実際、どんなオムツを履いていけば良いのでしょうか。

いつも履いているオムツではなく、水遊び用オムツが良いです!!

というのも、私の息子が2歳手前頃、

とんでもないプチ事件

が起こったんです。


自宅のプールで息子に水遊びをさせてた際、水遊び用オムツを切らしていたので、普通のオムツを履かせてたんですね。

当初すぐに出る予定だったのが、なんだかんだ1時間くらい遊んでいました。すると、

突然、白い綿がプカ〜。

何だこれ?

・・・ぁっ、大変オムツだ!!

と慌ててプールの水の中から子供を抱き上げ、オムツを脱がせました・・・。


普通に考えればわかることなんですが、なんせ怠け者&適当&だいぶバカな母なものですから、こんな情けない事件も起きました(笑)

自宅のプールだったから良かったものの、これを公共のプールでやってしまったら、迷惑かけてしまいますよね。

本当、自宅で良かった。。

ということで、水遊び用オムツもご紹介します。

こちらのグーンの水遊びオムツは、水に浸かってもオムツが膨らまないので、水着の下に履けて、とっても便利です。

ただし、これは水遊び用オムツ全てに言えることですが、

機能としては十分ではありませんので、どうしても漏れやすかったりもします

ですので、こまめにチェックしてあげてくださいね!!

テントの持ち込みは?

ここ数年は特に、猛暑ならぬ酷暑ですよね。

異常な暑さです。

ですので、プールと言えど、熱中症には十分注意しなければなりません。

日陰の場所を確保できれば良いのですよね。

園内には、

屋根のついた休憩スペースからあり、椅子もありますので、日陰の場所もあります。

混雑してない時は、こちらの日陰スペースを利用も出来ますね。

ですが、万が一確保できなかった場合は1日中陽に当たることになってしまうので、出来るならばテントを持ち込んで間違いなく日陰で休憩できるよう備えておきたいですよね。

ということで調査したところ、

テントの持ち込みは可能です!!

ただ、足つきテントではなくて、簡易テントのみ持ち込み可能となっています。

合わせて、簡易椅子、簡易テーブルでしたら、持ち込み可能、パラソル、日傘は持ち込み出来ません

施設内のマップがこちら。

テント持参の方は、

ロータリープールの囲いの壁際にテントを張っている方が多くいるようです

赤ちゃん連れの場合は、児童プール近くにテントを張るのも良さそうです。

特にここ数年、園内が大混雑してて、テントを張る場所も確保するのが難しいということはなさそうなので、実際に来園した際に、希望の場所にテントを張ることもできそうですよ。

まとめ

今回は、富津公園ジャンポプール2019赤ちゃんのオムツはOK?!テントの持ち込みは?

についてご紹介しました。

赤ちゃん連れでも、夏ならではの遊びをしたいですよね。

毎日家にこもっていては、パパママも疲れちゃいます。

でも、こんな猛暑で出かけるのは、赤ちゃんにもかわいそうかも・・・

でも、お出かけ先がプールなら、赤ちゃんも涼めますし、きっと楽しめるのではないでしょうか。

私の子供も、息子は生後11か月頃から、娘は生後6か月頃にプールデビューしました。

2人ともすごく楽しんでいたことを覚えています。

「今年の夏もたくさんプール行きたいな〜。」

と、子供に言われるんだろうな~(笑)

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA