首里城の火災原因は?被害状況・観光中止や復旧の時期について調査

こんにちは、Saraです。

速報にて、沖縄の観光スポットの1つでもあり、世界遺産にも選出された首里城が火災とのニュースが舞い込んできました。

火災の規模もかなり広がっているようですが、

火災の原因
被害状況
観光中止となるのか
お祭りも中止?
復旧の時期

について調査しました。

それではみていきましょう!!

首里城の火災原因と被害状況は?

まずは、被害状況についてみてみましょう。

最新情報!!

正殿、北殿、南殿の他、近くの県立芸術大学の雑木林の木にも燃え広がっています。

10月31日、午前2時41分、首里城の警備員から那覇市消防に通報があったそうで、午前5時現在もまだ鎮火に至らず、以前消火活動が続いています。

午前4時半には、爆発音のような音が響き、火災元とみられる正殿が激しく燃え、煙が上がっていたようです。
そして、炎は現在、正殿以外にも広がっています。

これはおそらく、全焼となってしまうかもしれませんね。。。

原因は何なのでしょうか。

ネット上では様々な憶測が呟かれています。

原因は現在不明で、今後調査が行われていくと思います。
が、10月27日より首里城祭が開催されており、11月3日まで開催予定でした。

2日3日には、ライトアップも行われる予定で、毎年開催されているこちらのイベントは、幻想的な景色が作られ、人気のお祭りのイベントの1つです。

もし、こちらのたくさんのキャンドルが今週末のイベントのために準備が進んでいたのだとしたら、こちらもなにか原因の1つとなるのでしょうか。。。

首里城祭の開催は?観光中止や復旧の時期は?

先程も少しお伝えしましたが、現在首里城祭が開催中でした。

現時点で、お祭りの開催についての案内は発表されていませんが、今回のこの大規模火災の様子ですと、おそらく開催は難しいのではないでしょうか・・・
3日までの開催は中止となりそうですね。。

【追記】最新情報!!

31日13時現在、ホームページにはこのように発表されています。

臨時休園・休場》
10月31日(木)朝から
首里城公園(有料施設を含む園内施設)

※詳細については現在確認中でございます。今後の開園・開場に関する最新情報につきましては、確認状況に応じてご案内いたします。

首里城ホームページより

今現在、今後の開園、開場について確認中ということです。

大規模な火災となっているため、しばらくは難しそうですね。

沖縄出身の方は、今後数年〜数十年かかるであろう、自分が行きている間にはもう見れないかもしれない(30代男性)とおっしゃる方もいました。

最新のニュースでは、

再建には30年かかる

という情報も放送されていました。

思った以上に火災の被害範囲が大きく広がっていることに驚くと同時に、私も訪れたことのある首里城なだけに、とてもショックです。
沖縄県民の方は、もっともっと悲しい思いをしていると思います。

再建に長期間かかるとされている中、今後観光地となっていた首里城は開園すのか、数週間〜数カ月で開園となるのか、今後の発表を待ちましょう。


詳細は、公式ホームページに今後発表がされると思いますので、こちらにてご確認ください!!

観光についても、火災が鎮火し、原因追求をし、本殿の後片付けなど全てが終わるまで、難しいでしょう。。。

復旧も数日〜数週間はかかりそうですね。

しかも、今回は本殿が燃えてしまったので、観光に行ってもどこまで原型が残されていて、どこまで見ることができるのか・・・

現時点では明らかにされていませんが、しばらく時間がかかることは想定しておいた方が良さそうです。

年末年始の旅行で沖縄をお考えの方は、年始にも完全復旧とはならない可能性も高そうです。

日本を代表する世界遺産だけに、今回の火災は非常にショックな出来事です。

一刻も早い復旧を願いたいですね!!

まとめ

首里城の火災原因は?被害状況・観光中止や復旧の時期について調査

についてご紹介しました。

今回の火災のニュースは、辛く悲しいニュースでした。

今後、首里城はどうなってしまうのでしょう・・・
復元できる日はくるのでしょうか。。。

一刻も早い復旧をただ願うばかりです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA