高尾山紅葉2019服装や気温・持ち物!普段着やスニーカーでOK?

こんにちは、Saraです。

いよいよ紅葉シーズンがやってきました。

 

すでにシーズン真っ盛りで見頃を迎えているところもありますが、高尾山の紅葉も見頃を迎えます。

今年は、行ってみようとお考えの方、服装や気温・持ち物なんかも気になりますよね。

https://polkadot-momlife.com/wp-content/uploads/2019/04/1242964.jpg

高尾山って山だし、山っぽい格好をした方が良いのか・・

でも山っぽい格好って言っても、持ってないし。。

普段着でも良いのかな?

https://polkadot-momlife.com/wp-content/uploads/2019/04/888787.jpg

デートで行く予定だけど、服装とかどうしよう〜

やっぱりスニーカーは必須?

ということでまとめてみました。

題して、
高尾山紅葉2019服装や気温・持ち物!普段着やスニーカーでOK?

です。

それでは早速みていきましょう!!

高尾山紅葉2019気温は?

まずは、気温から見ていきましょう。

高尾山は、東京都八王子市にある標高599mの山で、都心からアクセスも良く、またミシュラン三ツ星にも紹介された山とあり、国内外からたくさんの観光客が訪れているんですよね。

そんな高尾山ですが、山だけに気温も街中と比べ、低くなるのか気になるところですが、どうなのでしょうか。

一般的に、標高が100メートル高くなると、気温が0.6度下がると言われています。

ですので、標高599メートルの高尾山は、山頂までいけば3〜4度くらい下がることになりますが、一番メインでもある1号路の薬王院のあるところであれば、東京の温度とほぼ変わらない気温となります。

ということで、紅葉の時期である11月12月の2018年の八王子の気温を調べてみました。

11月:最高16.2度 最低:10.7度
12月:最高11.8度 最低:5.7度

ですので、メインの1号路を行くルートでお考えの方は、こちらの気温を参考にすれば良さそうです。

もし山頂を目指す方は、この気温から3〜4度くらい引いた気温、つまり

11月最高気温は約14度、最低気温は約7度、12月最高気温は約8度、最低気温は約2度くらいと考えておいて良いのではないでしょうか。

ただ、近年、気候変動によって、昨年は12月でも東京都心では夏日を記録するなどの異常気象となっています。

当日の風の強さや、雲りなのか晴れなのかなどによっても体感温度は変化しますので、当日は天気予報をチェックしてから向かいましょう!!

高尾山紅葉2019服装は?
普段着やスニーカーでもOK?

高尾山の紅葉を見に行く際、服装や持ち物はどのようにしたら良いのでしょうか。

これは、高尾山のどのルートを選択するかによって、変わってきます。

ルート1号路を散策予定の方

初心者の方や、観光目的の方の多くはこちらのルート1号路を通るのではないでしょうか。

このルート1号路は、薬王院に参拝するための表参道で、ケーブルカーの駅やさる園、食事できるお店も複数ある最もにぎやかなコースです。

こちらは、

道路が舗装されていますので、普段着のまま訪れても問題ないルートです!!

とは言え、山であることには変わりないですし、途中階段が多くあったり、ケーブルカーを利用したとしても、歩く距離は長くなることが予想されます。
高いヒールの靴よりは、スニーカーのような歩きやすいものの方が良いのではないでしょうか。

ということで、服装はこんな感じです。

こちらは、個人的に大好きなインスタグラマーさんのドツボなコーデがありまして、この格好で高尾山へ行きたいという個人的な思いで載せます!(笑)

ルート1号路以外の道や、山頂も目指す予定の方

1号路以外のルートや山頂を目指す予定の方は、もう少し山仕様な服装にした方が良いでしょう。

というのも、気温も下がりますし、道も舗装されていない箇所がたくさんあります。

まずは、バッグは両手がしっかりと空くタイプのバックが良いです。

というのも、多少なりとも足元の悪い道を歩くので、万が一転んだ場合に両手が使えた方が安全です。
そもそも、肩にかけるタイプだったり、手に持つタイプのバッグですと、歩くのにちょっと邪魔ですよね。

両手が空いていたほうが、歩くことに専念できますし、純粋に山登りを満喫することができます。

そして、皆さんの実際の服装がこんな感じです。

山頂に行くコースや、吊り橋があるコース、滝が見れるコースなど実に様々なコースがあり、難易度もそれぞれ異なりますので、コースによって変わりますが、できれば山登り用の靴の方が良いかもしれません。


その方が歩きやすいですからね。
特に、難易度の高いコースを行く場合には山登り用を履くことをおすすめします。

当日の気温にもよりますが、ダウンやジャケットのようなアウターは必要でしょう。
ただ、歩いているうちに暑くなってくる可能性も高いので、軽くてあまりかさばらないものが良いですね。
小さくたためるタイプか、腰にも巻けるタイプのものを選ぶと良さそうです。

山と言えば、やはり「ノースフェイス」ですよね!!

そして、寒い時期ですのでいないとは思いますが、ショートパンツのような足の肌が見えてしまう服装は避けた方がベターです。

山の中を歩く上では、長ズボンは欠かせません。
虫やヘビから見を守るためでもあります。
時期的に虫などが少なくても、茂みを歩く場合なんかは、長いズボンで足を守っておいた方が良いです。

以上をまとめると、

タイトル
【1号路の場合】
普段着でOK!靴はあるきやすい靴でね!
【それ以外の場合】
バッグは両手が空くタイプ、靴は山登り用があればなお良い、長ズボンで!

高尾山紅葉2019持ち物は?

持ち物について、みてみましょう。

1号路ルートのみの予定の方にとっては、装備しすぎなところもあるかもしれませんが、念の為に持っておいても問題ないものですので、参考としてご覧くださいね。

1号路以外のコースの予定の方は、基本的に必要とされている持ち物がこちらです。

・お水
・タオル
・携帯電話
・お金
・地図
・レインコート
・折りたたみ傘
・ビニール袋
・着替え用の下着やTシャツ

まず、お水は必要ですので、お忘れないよう準備しておいてくださいね。
山での水分補給は、秋でも冬でも欠かせませんので、バッグに1本は忍ばせておいた方が良いです。

レインコートは、雨対策として持参しておいた方がよいでしょう。
万が一ということもあります。
また、レインコート、実は防寒着としても大活躍するアイテムなんです。

いざという時に、アウターの中に着込むと、風を通さないので非常に役立つアイテムです。
100均でも売ってますので、持参しておくと安心ですよ。

ビニール袋も、またまた便利グッズなんです。
ゴミ袋としても使えますし、後は急な雨が降ってきた場合にバッグをカバーすることもできますし、どこかで休憩する時に、ちょっとしたシート代わりにもなります。

スーパーでもらえるようなビニール袋でも良いので、1つは持っておくと便利ですよ。

また、着替え用の下着やTシャツも持参をおすすめします。

11月12月は、着込んでいる割に意外と暖かかったというケースもありますよね。
そうすると、汗をかいてしまい、その汗が乾いてしまうと急に冷え込んでしまうこともあります。

ですので、念のために着替え用の下着かTシャツを持っておくと安心かもしれません。

後は、必要に応じておやつなどの軽食も持参しておいても良いですね。

お出かけ前に、持ち物もチェックして、万全体制で楽しんできてくださいね!

まとめ

今回は、
高尾山紅葉2019服装や気温・持ち物!普段着やスニーカーでOK?

についてご紹介しました。

1号路コースを行くのでしたら、普段着でもOKですし、気軽に楽しめるのも高尾山が人気の理由ですよね。

今年も綺麗な紅葉を楽しんできてくださいね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA