関ジャニ∞ライブ2019−20の当選倍率がヤバイ!当落結果も!

こんにちは、Saraです。

錦戸亮さんの脱退が発表っされて間もない関ジャニ∞が、47都道府県ライブツアー「UPd8」を開催することが発表されましたね!

スケジュールがかなりタイトで、ヘリコプター移動も視野に入れているそうですが、5人体制となった今、改めて関ジャニ∞を応援するためにも、ライブに参戦したいところですよね。

47都道府県に来てくれるし、会場のキャパも小さめなので、より近くでメンバーを見れそうです。

となると、気になるのが、当選倍率ではないでしょうか。

再出発の関ジャニ∞のライブツアーとあって、ヤバイことになりそうですよね。。

ということで、当落結果も合わせて調査してみました。

題して、

関ジャニ∞ライブ2019−20の当選倍率がヤバイ!当落結果も!

です。

それでは早速みていきましょう!

関ジャニ∞ライブ2019 −20|当選倍率は?

早速、当選倍率をみていきたいと思います。

まずは、会場のキャパからみていきましょう。

大阪松竹座:1,033人
宮崎・西都市民会館:1,003人
熊本・荒尾総合文化センター:1,204人
福岡・大牟田文化会館:1,522人
大分・宇佐文化会館ウサノピア:1,197人
長崎・島原文化会館:1,202人
岡山市民会館:1,718人
広島・上野学園ホール:1,730人
愛媛・西予市宇和文化会館:1,040人
高知・須崎市立市民文化会館:964人
千葉・習志野文化ホール:1,475人
山梨・東京エレクトロン韮崎文化ホール:1,300人
滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール:1,848人
京都・宇治市文化センター:1,308人
奈良・なら百年会館:1,692人
和歌山県民文化会館:2,000人
兵庫・西宮市民会館:1,216人
山口・周南市文化会館:1,800人
香川・レクザムホール:2,001人
徳島・鳴門市文化会館:1,600人
島根県民会館:1,537人
鳥取・米子市公会堂:1,120人
茨城・結城市民文化センターアクロス:1,276人
愛知・一宮市民会館:1,588人
岐阜市民会館:1,501人
三重・NTNシティホール:1,388人
新潟・上越文化会館:1,504人
富山・高周波文化ホール:1,220人
福井・フェニックス・プラザ:2,000人
石川・本多の森ホール:1,707人
長野・サントミューゼ:1,530人
鹿児島・薩摩川内市川内文化ホール:1,203人
佐賀・鳥栖市民文化会館:1,518人
埼玉・サンシティホール:1,675人
静岡・富士市文化会館ロゼシアター:1,632人
神奈川・小田原市民会館:1,098人
東京・オリンパスホール八王子:2,021人
栃木・足利市民会館:1,600人
群馬・太田市民会館:1,501人
山形・シェルターなんようホール:1,403人
岩手・北上市文化交流センターさくらホール:1,406人
秋田市民文化会館:1,188人
福島・南相馬市民文化会館ゆめはっと:1,109人
宮城・東京エレクトロンホール宮城:1,590人
青森・五所川原市ふるさと交流民センターオルテンシア:1,109人
北海道・函館市民会館:1,370人
沖縄・浦添市てだこホール:1,001人

全会場のキャパの合計、つまり見込み総動員数は、67,648人でした。
ニュースでは、66,000人の見込みと記載があったので、ほぼ変わりはないですね。
今回は、私が計算した67,648人を元に計算していきたいと思います。

続いて、ライブツアーの先行抽選応募者数を予測していきます。

現在、関ジャニ∞のファンクラブの会員数は、約66万5千人と言われています。
この中で、錦戸さんのファンの方が、どれくらいいて、その中から今回のライブに参加しない方がどのくらいいるのかは、不明です。

 仮に、このファンクラブ会員数の8割が、応募したとします。
とすると、53万2千人となります。

この方たちは、1人1枚、抽選に応募したとすると、当選倍率は、

約7.86倍となります。

1人2枚抽選に応募したとすると、当選倍率は

約15.7倍となります。

やはり、なかなかヤバイ当選倍率となりそうですね。

高い倍率とはわかっていても、やはり諦めたくはないですよね!
となると、少しでも倍率の低い会場に応募してみたいと思いますよね!

私なりに予想してみました。

当選倍率が低いと予想される会場
岡山市民会館
滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
和歌山県民文化会館祝日
周南市文化会館
香川・レクザムホール
福井・フェニックス・プラザ
石川・本多の森ホール

なぜ、この会場をあげたかというと、
人口に対して、会場のキャパが大きいから
です。

ただ、この会場の中で、「和歌山県民文化会館」に関しては、祝日公演なので、他よりは倍率は高くなってしまうかもしれません。

また、「香川・レグザムホール」は、2月14日の開催です。
バレンタインの日なので、応募が集中するかもしれませんね。

ただ、倍率は低いとはいえ、かなりの激戦となることは必須でしょう。

関ジャニ∞ライブツアー2019−20|当落結果は?

 【最新情報】(10月9日更新)

当落結果が発表されました!!

やはり倍率はかなり高かったようで、落選した方の投稿を多くみかけました。

そんな中でも、当選者の方の多くに共通していたのが、

「地元当選した〜」の声でした。
やはり地方会場は、比較的倍率が低かったようです。

ツアー詳細が発表されました

当落発表は、10日9日以降となっています。

こちらが、申込みから支払まで、日程の流れとなっています。

申込:9月19日(木)12:00〜9月26日(木)12:00まで
支払:10月11日(金)23:59まで

完了した方は、残るは待つのみです!!かなりの倍率となりそうですが、当選することを期待し、イメージして待ちましょう!!

現時点で、まだ公式サイトでの発表がないので、当落結果の発表日の詳細が不明です。

明らかになりましたら、こちらに追記していきますね!!

復活当選は?

復活当選はあるのでしょうか。

そもそも復活当選とは、

当選したにも関わらず、何かしらの理由で行けなくなった
入金がなかった
不正などが発覚した

これらの理由により、余ってしまったチケットのことです。

「十五祭」でも復活当選があり、復活当選でチケットに当選し、ライブへ参戦できた方もいました。
しかも、なかなか良い席だった方もいたようですので、チケットに落選してもまだ希望を捨てずに待ってみても良いかもしれません。

復活当選があった場合には、
当落結果からおよそ1週間前後に、当選者に連絡がくるケースが多いようです。が、「十五祭」では、公演の3日前に復活当選の連絡がきた方もいたようです。

今回のライブでも、復活当選があることを期待したいですね!

一般チケットは?

一般チケットはあるのでしょうか。

おそらく、ファンクラブによる先行チケットでかなり席は埋まってしまうと思いますので、一般チケットがあったとしても、先ほどの当選倍率の予想を更に遥かに上回る倍率となるでしょう。

一般でチケットを入手するのは、ほぼ不可能?かもしれません。。

一般チケットについても、詳細が発表され次第、追記していきますね。

ライブツアー詳細

日程

11月6日(水) 大阪松竹座:1,033人
11月17日(日) 宮崎・西都市民会館:1,003人
11月20日(水) 熊本・荒尾総合文化センター:1,204人
11月20日(水) 福岡・大牟田文化会館:1,522人
11月29日(金) 大分・宇佐文化会館ウサノピア:1,197人
11月30日(土) 長崎・島原文化会館:1,202人
12月13日(金) 岡山市民会館:1,718人
12月14日(土) 広島・上野学園ホール:1,730人
【2020年】
1月11日(土) 愛媛・西予市宇和文化会館:1,040人
1月12日(日) 高知・須崎市立市民文化会館:964人
1月16日(木) 千葉・習志野文化ホール:1,475人
1月30日(木) 山梨・東京エレクトロン韮崎文化ホール:1,300人
2月7日(金) 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール:1,848人
2月7日(金) 京都・宇治市文化センター:1,308人
2月10日(月) 奈良・なら百年会館:1,692人
2月11日(火・祝) 和歌山県民文化会館:2,000人
2月11日(火・祝) 兵庫・西宮市民会館:1,216人
2月12日(水) 山口・周南市文化会館:1,800人
2月14日(金) 香川・レクザムホール:2,001人
2月14日(金) 徳島・鳴門市文化会館:1,600人
3月11日(水) 島根県民会館:1,537人
3月11日(水) 鳥取・米子市公会堂:1,120人
3月12日(木) 茨城・結城市民文化センターアクロス:1,276人
3月22日(日) 愛知・一宮市民会館:1,588人
3月23日(月) 岐阜市民会館:1,501人
3月23日(月) 三重・NTNシティホール:1,388人
3月24日(火) 新潟・上越文化会館:1,504人
3月24日(火) 富山・高周波文化ホール:1,220人
3月25日(水) 福井・フェニックス・プラザ:2,000人
3月25日(水) 石川・本多の森ホール:1,707人
3月27日(金) 長野・サントミューゼ:1,530人
3月29日(日) 鹿児島・薩摩川内市川内文化ホール:1,203人
4月3日(金) 佐賀・鳥栖市民文化会館:1,518人
4月4日(土) 埼玉・サンシティホール:1,675人
4月7日(火) 静岡・富士市文化会館ロゼシアター:1,632人
4月7日(火) 神奈川・小田原市民会館:1,098人
4月9日(木) 東京・オリンパスホール八王子:2,021人
4月10日(金) 栃木・足利市民会館:1,600人
4月10日(金) 群馬・太田市民会館:1,501人
4月11日 (土) 山形・シェルターなんようホール:1,403人
4月12日(日) 岩手・北上市文化交流センターさくらホール:1,406人
4月17日(金) 秋田市民文化会館:1,188人
4月20日(月) 福島・南相馬市民文化会館ゆめはっと:1,109人
4月20日(月) 宮城・東京エレクトロンホール宮城:1,590人
4月24日(金) 青森・五所川原市ふるさと交流民センターオルテンシア:1,109人
4月26日(日) 北海道・函館市民会館:1,370人
4月29日(水・祝) 沖縄・浦添市てだこホール:1,001人

チケット料金

8,700円

まとめ

今回は、

関ジャニ∞ライブ2019−20の当選倍率がヤバイ!当落結果も!

いついてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

かなりの高い当選倍率であることは間違いなさそうですね。

新たな出発となる関ジャニ∞を応援していきたいですね!

こちらの記事をご覧の皆さまが1人でも多く当選されることを祈っております!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA