東海道新幹線2019-2020年末年始の混雑予想!空いてる時間帯は?

こんにちは、Saraです。

今年も残すところわずかとなり、世間も年越しモードとなってきました!
今年は令和初の年越しということで、神社など各地で一段と賑わいをみせそうですね。

帰省する方や旅行をする方が利用する公共機関の1つが、新幹線ですよね。
毎年、年末年始は大混雑となりますが、今年の混雑はどうなるのでしょうか。

今回は、特に新幹線の中でも利用者が多い東海道新幹線の

混雑予想
空いている時間帯予想

についてまとめてみました。

題して、
東海道新幹線2019-2020年末年始の混雑予想!空いてる時間帯は?

です。

それでは早速、みていきましょう!

東海道新幹線2019-2020年末年始の混雑予想!

2019-2020年の年末年始の休暇はいつ?

年末年始のお休みは、行政機関の休日に関する法律というものがあり、この中で、12月29日~1月3日までと定められています。

今年は、12月29日が日曜日となっています。ので、土日休みであると考えると、休暇の開始日は、

201912月28日となります。

また、最終日は1月3日までとなっていますが、今年は4日5日が土日であるため、最終日は

2020年1月5日(日)となります。

つまり、今年の年末年始休暇は、

2019年12月28日(土)〜2020年1月5日(日)まで

となります。

全部で、9連休というかなり長い年末年始となりますね。
これはかなり楽しみです(笑)

混雑予想!

ずばり今年の年末年始の混雑は、

帰省ラッシュのピークが、
2019年12月28日(土)29日(日)

Uターンラッシュのピークが、
2020年1月4日(土)5日(日)

と予想します!

それぞれ理由をみてみますね。

昨年以前の混雑状況をみてみましょう。

2017年の下りのピークは、
2017年12月29日(金)30日(土)の午前中はほぼ満席同日午後と31日も混雑していた

上りピークは、
2018年1月2日(火)午後がほとんど満席

となっていました。

2018年の下りのピークは、
2018年12月29日(土)

上りのピークは、
2019年1月3日(木)

でした。

このデータから分析すると、休暇の初日の午前中から早速新幹線を利用するという方が多いようですね。

となると、今年の初日は、12月28日(土)ですので、28日と合わせて29日も非常に混雑すると予想されます。

一方、上りですが、例年ピークは、2日、3日ですね。

これはつまり、休暇最終日と最終日の前日に集中しているということになります。

今年は4日5日が土日ですので、おそらく例年から少しずれ込み、

4日の午後あたりから5日が混雑する可能性が高そうですね。

今年は、休暇が長いですので、もしかしたら多少分散されるかもしれません。

ただし、1つ気にしておきたいことがあります。それは、

北陸新幹線の車両が台風の影響で水没、廃車となるため、年末年始までの全復旧は難しい状況である

ということです。

現在、ダイヤに関しては9割まで復旧していますが、残り1割分をどこかで補わなくてはならなくなります。

車両水没直後、JR東日本では、復旧するまで迂回路など様々な代替移動手段をあげていましたが、その中の1つに、東海道新幹線を利用するという方法がありました。

その時期は、東海道新幹線の指定席はなかなか取れなかったようです。

となると、もし現状のまま年末年始を迎えるとなると、北陸新幹線を利用する方が、代替として東海道新幹線を活用することになる?!という可能性もあるかもしれません。

現時点(11月7日)では、詳細発表はありませんが、北陸新幹線の年末年始の対応については、少しチェックしておいた方が良いかもしれませんね。

東海道新幹線2019ー2020年末年始の空いている時間帯は?

それでは、空いている時間帯ついて、みていきましょう。

下りの空いている時間帯は、
28日(土)29日(日)夕方以降もしくは30日31日

上りの空いている時間帯は、
2020年1月3日以前、4日(土)5日(日)の午前中

と予想します。

旅行へ行く時や、帰省する時、混雑など考慮せずにスケジュールを組もうと考えると、

向かう時は、現地に早めについてゆっくりできるよう午前中のうちに、
帰る時は、ギリギリまでゆっくりと過ごしたり遊んだりし、午後に帰宅

となる方が多いのではないでしょうか。

実際、先程お伝えした過去のピークのデータをみてみると、下りは、午前中がほぼ満席になっているという例もありました。

一般的に、下りは午前中が特に混雑するケースが多いです。

となると、混雑を避けるには、

同日(28日29日)の午後できれば夕方以降ですと、混雑のピークの時間帯よりは空いている可能性がありそうです。

ただ、東海道新幹線は利用者も多いので、ピークの日には、午後も比較的混雑しています。
ですので、もっと空いている時間帯にということでしたら、30日31日の方が良いかもしれませんね。

また、上りについては、過去は、2日3日に混雑していましたね。
ここで気になったのが、2日の午後が混雑していたという情報です。

先程も少しお伝えしましたが、帰るときにはゆったりとなるべくお出かけ先で時間を過ごしてから帰宅するという方が多い傾向にあります。

となると、今年は4日の午後が混雑しそうという予想は先程ご紹介済みですが、この逆を考えてみると、

4日の午前中できれば朝一番くらいの勢い、5日も同様で考えると、混雑のピーク時よりは空いている可能性がありそうですね。

こちらも、もっと空いている時間帯にということでしたら、3日以前が良さそうです。

これらはあくまで、私の予想となっていますので、皆さんの参考となれば嬉しいです。

まとめ

今回は、
東海道新幹線2019-2020年末年始の混雑予想!空いてる時間帯は?

についてご紹介しました。

今年も例年通り、もしくはそれ以上に混雑しそうですね。

お子さん連れの方は、特にお早めに座席を確保しておいた方が良さそうです。

皆さん、楽しい年末年始をお過ごしくださいね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA