三原じゅん子の兄が板前でお店はどこ?生い立ちや学歴も調査!

こんにちは、Saraです。

三原じゅん子議員が、女性閣僚として初入閣する方向でいることがニュースとなり話題となっています。

そこで、三原じゅん子さんの生い立ちや学歴をまとめてみました。
三原さんのお兄さんは板前でお店も経営しているとか?

合わせて調査したので、早速みていきましょう!

題して、

です。

それでは早速みていきましょう!!

三原じゅん子さんの兄は板前!お店はどこ?

まず初めに、三原じゅん子さんのお兄さんについてみていきます。

ここに文章名前:三原伸吾
職業:板前
年齢:58歳

お兄さんのお名前は、三原伸吾さん
職業は板前さんです。

以前は、日暮里にお店を構えていてその後は、「さんしん亭」という名前で虎ノ門にお店を構えていたそうです。

この「さんしん亭」という名前は、かつて三原兄妹のお父さんが経営していた工場の「三伸メッキ」という工場の名前から取って名付けたそうですが、この工場は、友人の借金の保証人となっていたため、倒産に追い込まれてしまったそう。。。

壮絶な人生を送ってこられたようですね。。。

さんしん亭では、銚子港のイワシ料理などが食べられるお店で、
そのお店も現在は閉店してしまっていているようです。

一方、西川口にある小野沢商店も、さんしん亭と同時に経営していた飲食店で、このお店は現在も営業しているようですよ。
三原伸吾さんご本人が現在も経営しているのかどうかは不明ですが、少なくとも2013年時点では、伸吾さんご自身がお店に行き来をして、忙しくしていたようです。

もしかしたら、現在は他にも店舗を構えているのかもしれませんね!!

2018年には、早稲田高校野球部監督に就任し、34年ぶりの8強を目指すと意気込んでいましたが、2019年2月に解雇となっています。

現在、どのようなお仕事をされているのかは不明ですが、

  • また、飲食店を経営しているのか
  • 三原じゅん子の補佐として、お仕事をされているのか?

また何か、新しい情報が入りましたら、こちらでもお伝えしていきます。

三原じゅん子さんの生い立ちや経歴は?

次に、三原じゅん子さんの生い立ちと経歴について、みていきます。

出身地:東京都板橋区
生年月日:1964年9月13日(2019年8月現在54歳)
身長:164cm
体重:47キロ
出身校:市立淑徳小学校
中学:市立十文字学園中学校
板橋区志村第一中学校
高校:明大付属中の高校中退

三原じゅん子さんは、東京都板橋区出身の現在54歳です。

小学校2年生の時に、劇団フジに入団し、入団してからすぐに劇団フジの作品に出演していたそうです。

その後、中学へ入学後に出演したドラマ「燃えろアタック」で、本格的なメディアデビューをしています。
そして、その直後に三原じゅん子さんの代表作でもある「3年B組金八先生」へ出演を果たしています。

芸能人としては、子役から活躍し、不動の人気ドラマである金八先生にも出演するなど、輝かしい実績を残されている方なんですね!!

私は、実際に世代ではないのですが、当時の「燃えろアタック」や「3年B組金八先生」は、今でもドラマ界の歴史に残る大ヒット作ですし、そんな作品に中学、高校生の時から出演されていたことは物凄いことですよね!!

三原じゅん子さんは、なかなか大変な、壮絶な人生を送ってこられているようです。

三原さんは、2回離婚を経験しています。
1回目は、レーサーの松永雅博さん、2回目はお笑い芸人のコアラさんでした。

1回目の結婚相手でもあったレーサーの松永さんの影響なのでしょうが、約12年間に渡ってカーレーサーとしても活躍していました。

カーレーサーとしては、国際B級のライセンスを持ち、ツーリングカーレースにも参加していたそうです。

2008年に行なった人間ドッグの検査で、子宮頸がんが見つかったそうです。

しかも、軽いものではなく、予後の悪い腺がんだったとのこと。
この結果を聞いた三原さんは、ショックでかなり落ち込んでいた時期があったそうです。

この子宮頸がんを乗り越えたことで、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA