山下智久 Netflix映画に出演決定!6年ぶりに恋愛役を再演

主演・山下智久が“至極のラブロマンス”に挑む、Netflix映画『恋に落ちた家』の制作が決定。

山下智久

2012年に公開し、韓国国内での観客動員数が400万人を超え、韓国の恋愛映画として歴代1位の興行記録を塗り替えた大ヒット韓国映画『建築学概論』。舞台を日本に移し、山下智久を主演に迎え、日韓最高峰キャスト・スタッフでリメイク。

全世界190以上の国や地域に配信されるNetflix作品に初参加、また、6年ぶりのラヴ・ストーリー主演となる山下は新たな挑戦となるであろう本作への参加に「韓国で大ヒットした恋愛映画のリメイクという事で大きなプレッシャーを感じているのと同時にこの作品に携われる大きな喜びを感じています。

建築家が家を設計するのと同じように、敬意を込めて、丁寧にストーリーを理解し、そして気持ちを込めてこの作品を作り上げて行けたらと思います。オリジナルの作品をリスペクトしながら、新しくこのチームで作る愛の形を表現できるよう努めていきたい所存です」と強い意欲を語っています。

日韓のキャストスタッフと作り上げるプロジェクトという事で、今から新しい出会いに胸を膨らませています。若かりし頃の不器用さ、大人になると失われがちな柔軟さ、素直さ。19年という時をまたぐ、繊細でいて、大きな心の変化をゆっくりと描いていきます。

あの頃、今、そして未来。見てくださる皆さんが僕達の役に、気持ちを投影できるような優しく温かい作品になるよう願いを込めて撮影をしていきます。是非楽しみにしていてください。

 

Leave a Comment