嵐の活動休止後初めて「5人」が揃う!?20周年記念映画の公開が決定

昨年末で活動を休止した「嵐」の櫻井翔(39)、相葉雅紀(38)、二宮和也(38)、松本潤(38)がデビュー22年目の記念日となる3日、ファンの前にサプライズ登場。4人がそろって公の場で姿を現すのは、活動休止後初。イベント中は芸能活動休止中のリーダー、大野智(40)のメッセージもあり、思わぬメンバーの揃い踏みにファンから大歓声が上がった。

 

この日、グループ初のライブ映画「ARASHI Annniversary Tour 5×20 FILM“Record of Memories”」(監督堤幸彦、11月26日公開)がこの日、ドルビーシネマ限定で先行公開。都内の映画館で行われた先行上映初日舞台あいさつに4人が姿を見せた。

ライブ映画上映後、興奮冷めやらぬ中、完全サプライズで4人が揃って登壇すると、会場から大きな歓喜の声。中には手を振るわせ、涙を流して喜ぶファンも見られた。

櫻井は「デビュー記念日ということでこういう形で登壇しております。初日に我々の誕生日に朝早くから足を運んでいただきありがとうございます」とあいさつ。昨年はコロナ禍でライブも無観客だったため、ファンの前に立つのは2019年12月末の「ジャニーズカウントダウン2019-2020」以来となり、「我々としてもソワソワしております」と笑顔を見せた。

松本は「めちゃめちゃレアですよね、早起きのご褒美だね」と見渡し、「お久しぶりです。最近までなかなか公の場に出ることがなくて、何ならここでお3方と立っているのも若干緊張する」と照れ笑い。相葉も「幸せな楽しい時間を過ごしたいと思っているのでよろしくお願いします」とあいさつした。

ちょうど1週間前には大野を含めて5人で飲んだことが明かされる場面も。相葉は「みんなに会えてうれしかったんだよ」と満面の笑みを浮かべた。5人での時間は「相変わらず楽しい時間でしたね」と松本。櫻井も「変わらず5人でワチャワチャやってます」と目を細めた。

最近、松本が公の場に出ることが少なったことも話題に。相葉から「何してるの?暇なの?」と投げかけられ、松本は「暇じゃない。忙しいのよ」と反論。二宮の珍しい髭スタイルをメンバーがイジる場面もみられるなど、相変わらずの和気あいあいのやり取りでファンに楽しませた。

イベント後半には大野からのメッセージを紹介。松本が「大野さんからメッセージを預かっております」と明かし、櫻井が代読した。大野は「どうも~お久しぶりです!1日中何もしないでソファーで過ごす日とかあります。すみません」とゆっくり過ごしている様子。「元気に生きてますのでご安心を」と近況を伝え、映画の全国公開日には41歳の誕生日を迎えることもあり、「当時39歳の僕も含めて本気の僕らを楽しんご覧いただければと思います」とアピールした。

9月28日には櫻井、相葉がともに一般女性との結婚を発表。同一グループから異例のダブル発表となった。結婚発表後に、相葉は主演ドラマの会見に登壇しているが、櫻井は初の公の場。2人がファンの前に姿を見せるのはこの日が初めてだった。

映画は、嵐の20周年記念ライブの記録映画として、18~19年にわたり開催され、日本史上最多の237万5000人を動員した20周年ツアーの合間に、19年12月23日に作品のためだけに行われたライブを映像化したもの。

日本では3日に先行公開され、26日に全国公開されることが決まっている。海外でも、台湾や、19年のプロモーションツアーで訪れたシンガポールなどで来月3日にプレミアを実施。5日の台湾を皮切りに、シンガポール、マレーシア、インドネシア、香港、マカオで公開される。

Leave a Comment