阿部慎之助引退理由や引退試合の放送日はを調査!来年からは指導者?

こんにちは、Saraです。

 朝からビッグなニュースが舞い込んできました。

巨人に在籍し、活躍し続け、多くの実績を残してきた阿部慎之助捕手が、今季限りでの引退を決意したとのことです。

このニュースに世間の皆さんは大変驚かれている方も多いのではないでしょうか。
引退理由は何か、そして引退後は指導者になるのか、気になりますよね。

引退試合の放送日についても合わせて調査してみました。

題して、

阿部慎之助引退理由や引退試合の放送日はを調査!来年からは指導者?

です。

それでは早速みていきましょう!!

阿部慎之助捕手の引退理由は?

阿部慎之助捕手の引退理由について、調査してみました。

阿部選手は、シーズン中には、まだ来季も現役を続けたいという思いを述べていました。
現に、今季も活躍をしていますし、巨人リーグ優勝に大きく貢献もしています。

ただ、阿部捕手の気持ちが変わったのは、リーグ優勝したということ。

「何よりも今の若手選手に”優勝する気持ちを経験してもらいたい。
ビールかけや優勝パレードの楽しさや達成感などを知ってほしい。」

と思っていたそうです。
その思いが、今季見事に叶いました。

自分の1つ目標としていたことが今季かなったことで、現役引退を決意した気持ちに繋がったのかもしれません。

また、阿部捕手は、今年の6月、巨人対中日戦にて、史上19人目の通算400本塁打を達成した時に、こんな言葉を述べています。

今季27打席目での1号に、「少し安心した部分もある。球団の人たちもコソコソ準備していたのが見えたので、やっと解禁になるなと」と胸をなで下ろした。今後に向けては「もちろんキャッチャーの練習もしながら、“引退試合”に向けて」とジョークで会場の笑いを誘った。

サンスポより

とコメントしていました。

この時は、冗談と報道されていましたが、もしかしたらどこかで引退というのも常に考えていたのかもしれませんね。

阿部選手は怪我にも苦しんだ現役生活でした。
2014年には、怪我や不振に悩まされ、その翌年も右太腿裏の肉離れで登録抹消、更にその翌年にも捕手として登録に戻るも、オープン戦で肩に違和感を覚えて登録抹消と、常に怪我と戦ってきた阿部捕手。
2019年は、シーズン前に、どうしても捕手復帰をしたいと原監督に直訴し調整していたものの、3月にはふくらはぎのはりで、3軍に合流していました。

いつまでも捕手としての復帰を切望している姿を見ると、やはり捕手として活躍していたいという思いがあるのかもしれませんね。

怪我の状態、40歳という節目、そしてリーグ優勝をできたこと、これが大きな理由なのではないでしょうか。

しかし、打者としてはまだまだ健在で、ホームランも打ち、チームに貢献しているだけに、世間からは引退を惜しむ声も多くあります。

本当に偉大な選手、現役引退は惜しいです。

引退試合の放送日は?

引退試合の放送日は、いつになるのでしょうか。

阿部捕手リーグ優勝を果たし、これからクライマックスシリーズと日本シリーズは、戦力として出場する予定とのことです。

一昔前は、毎日野球放送を地上波で見れて、よく父親とテレビのチャンネルで争った記憶がありますが(笑)、いつの時代からか見れなくなってしまいましたね。

球場に行けない方も、阿部捕手の花道をテレビで見たいですよね。

クライマックスシリーズ

クライマックスシリーズで、巨人戦が行われるのは、

10月9日(水)〜10月14日(月)まで、
6戦4勝先制した方が、勝者となります。

クライマックスシリーズの巨人戦が放送されるのは、

日本テレビのCS放送日テレジータス

です。

要は、”スカパー”になりますので、契約しないと見れません。
ただ、”2週間お試し体験”というのもありますので、試してみるのも良いかもしれません。

日本シリーズ

日本シリーズは、巨人がクライマックスシリーズで勝利しなければ出場権が得られません。

阿部捕手現役最後の年として、是非日本シリーズに進んでほしいですね!

現時点で今年度の日本シリーズの放送予定が確認できませんでした。
現在全力で調査していますので、調査でき次第追記していきますので、しばらくお待ちください!!

来年は指導者として活躍?

今後は、次なる世代の監督筆頭候補として、指導者への道を歩むであろうと言われています。

報道には、

来季、球団は阿部にふさわしいポストを用意し、王道を歩ませる方針のようだ。

Yahooニュースより

と記載されていました。

おそらく、来季はコーチとして若手世代の育成に力を注ぐのでしょう。
その後、監督となるのでしょうか。

巨人の選手から、監督となり多くの実績も残している原 辰徳監督は、現役引退から4年後の1999年に読売ジャイアンツの一軍野手総合コーチ、翌年に一軍ヘッドコーチに就任し、その翌年の2001年に監督に就任しています。

もし来季から阿部捕手が、ヘッドコーチとなれば、原 辰徳監督と同じ道を歩むということになるのかもしれません。

阿部捕手が、感謝の気持ちが強いと言っている原監督と同じ道を歩むことになるのでしょうか。

数年後、阿部捕手が監督として、東京ドームに姿を現すのか?!
もしかしたら、日本代表の監督を担う日も来るかも?しれませんね。

阿部監督として、球場に姿を見せてくれる日が来ることを期待したいですね!!

まとめ

今回は、

阿部慎之助引退理由や引退試合の放送日はを調査!来年からは指導者?

についてご紹介しました。

日本を代表する阿部捕手の引退。
日本中の野球ファンが衝撃を受けたのではないでしょうか。

とにかく言いたいことは、
”阿部捕手、お疲れ様でした!そしてありがとうございました!!”

ということです。

今後も、野球界で阿部捕手の活躍を見れることを楽しみにしています!!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA