ミルクティー事件の後、彼女は再びカムバックしようとしているのか? 娘を盾にして

日本の芸能界には、個人的な悪行によって俳優業から足を洗い、表舞台から姿を消してしまったアーティストが数え切れないほどいる。 しかし、あきらめずに繰り返し芸能界からの撤退の道を飛び越えていく人が必ずいます。

木下優樹菜の「ミルクティー事件」

10月27日、東京地裁で行われた「パールミルクティー裁判」で、元アーティストの木下優樹菜さん(33)に40万円の賠償が命じられました。

木下優樹菜
木下優樹菜

2019年10月、木下さんは自身の芸能人としての地位を利用して、妹と店主との間の争いをめぐって、自分が働いていたミルクティーショップの店主を私信で脅した。 その後、木下さんの知人から私信の内容が暴露され、世間からの批判が殺到する中、2020年7月に芸能界引退を発表しました。 (途中、何度もビジネスに飛び込むことを繰り返す)。

左から:ミルクティーショップ店長、木下、木下シスター

その2ヶ月後、パールミルクティーの店長は木下に精神的損害賠償として1,000万円を要求し、訴訟を起こした。

テキストメッセージの内容

"判決では、木下氏が店長に送った脅迫内容が店長に大きな苦痛を与えた ...... が、裁判中に店長に感謝して内省の意を表した木下氏の意向を考慮して、40万円に大幅に減額した。"

木下優樹菜のカムバック?

判決が下された翌日、木下は自身のYouTubeチャンネルに、罪を償ってくれたことへの感謝を込めた涙の動画をアップしました。 涙を流しながら、「本当に申し訳ありませんでした」と声を詰まらせ、何度も頭を下げて反省した。

ビデオのスクリーンショット

「母親として悪いことは認めて謝って、娘たちに恥ずかしくないように生きたいと思った。子供たちのためにも、1からこれからも活動していく」と、ファンに向けて思いを語りつつ、「この2年間、いろんな仕事も考えましたけど、この仕事しかできないって思いました」と、芸能活動再開を示唆したのだ。

「一度引退を表明していましたが、木下さんは配信で語ったように、本格的に芸能活動を復活させたい思いはずっと持っていました。しかし現に、ファンクラブはこれまでも維持してきましたし、インフルエンサーとしての広告の仕事が結構あったのです。経済的には困っていない状態と聞いていますよ」(芸能プロダクション関係者)

木下優樹菜さんの離婚について

木下優樹菜さんとお笑い芸人の藤本敏史さん(フジモン)が2019年12月末に離婚し、親権は女性の方になりました。 二人は常々、「ミルクティー事件」が離婚の直接の原因ではないと言っています。

長年にわたり「日本の理想のカップルNo.1」に選ばれてきたお二人。

離婚して何年も経ち、木下が感謝のビデオで何度も「シングルマザー」であることを強調しているにもかかわらず、2人は今でも仲が良い。 藤本は、木下の自宅に出入りすることを躊躇せず、昨年は木下のインスアカウントの運営を引き継いだ。

木下が日本国民から嫌われている理由は、世間を騒がせた「パールミルクティー」事件だけではなく、学校でのいじめや通行人への態度が悪かったことも挙げられます。

ディズニーのパレードを見に来たフジモンと木下夫妻は、「パレード立ち見エリア」に無断で座り、前に立っているお客さんを威圧していました。目の前に立っている来場者を威嚇した。

また、事件の影響で情緒不安定になり、毎日涙を流していたことも告白しました。

2人はディズニー以外にも、ハワイ、沖縄、公園、新幹線、飛行機の中での「悪口」をキャッチされています。

藤本が安定した収入を得られるように、また木下が嵐が去った後にシングルマザーとしてカムバックできるように、双方が損をしないように「離婚を装っている」という憶測が流れています。 そのため、木下はこれまでの暫定的なものではなく、より本格的なカムバックを果たしたのではないかと思われる。

ネットユーザーからの様々な意見

サンキュービデオが公開されると、関連するニュースが次々と報道され、厳しい非難の声が相次ぎました。 お礼のビデオなんだから、今後の活動には触れないで、娘さんを盾にしないで!というのがネット民の一致した意見でした。

また、ネットユーザーが言うように、木下は真摯に内省することよりも、カムバックを成功させることを重視している。 お礼のビデオが公開された数日後、彼女は満面の笑みでYoutubeにQ&Aビデオを投稿しました。

遊び心と生意気さ

木下が復活するまでの道のりは、まだまだ険しいものがある。

Leave a Comment