ルパン三世プリズン・オブ・ザ・パスト|ネタバレや感想!視聴率も

こんにちは、Saraです。

11月29日、ルパン三世の完全オリジナルストーリー「ルパン三世 プリズン・オブ・ザ・パスト」が放送となります!!

TVスペシャルのオリジナル最新作ということで、楽しみに待っていた方も多いのではないでしょうか。

今作は前作の放送に続き2019年2作目ということで、1年に2回テレビスペシャルが放送されるのは、今回が初!!

令和になっても、ルパン三世は健在ですね〜!!

当記事では、ルパン三世プリズン・オブ・ザ・パストの

あらすじ
ネタバレ
感想や口コミ
視聴率

についてまとめてみました。

題して、ルパン三世プリズン・オブ・ザ・パスト|ネタバレや感想!視聴率も

です。

それでは早速みていきましょう!!

「ルパン三世プリズン・オブ・ザ・パスト」のあらすじとネタバレは?

あらすじ

完全オリジナルストーリーとして、2019年1月に放送された「ルパン三世 グッバイパートナー」は、完全オリジナルストーリーとしては実に6年ぶりの作品となりました。

その作品から1年もたたずしての完全新作ストーリー。

今回ルパンのターゲットとなるお宝は、なんと

「死刑囚?」
そして予告動画では、ルパンと次元、五エ門の3人が仲間割れ?!しているシーンもあり、なんだか今作も紆余曲折ありそうな予感・・・ということで、あらすじがこちらです。

ドルエンテ王国にあるエルギュイユ監獄。一度入ったら決して出ることができないと言われるその監獄に収監されているフィネガン(平田広明)の死刑執行が決まった。フィネガンは各国の政治家の財宝を貧しい人々に分け与えた、現代の義賊。北海道の監獄を脱獄したばかりのルパン(栗田貫一)は、次元(小林清志)や五ェ門(浪川大輔)と共に、彼を救出してお宝の分け前をいただこうとドルエンテ王国にむかう。

そこにはフィネガンのお宝を狙う不二子(沢城みゆき)と共に、多くの泥棒たちが集まってきていた。泥棒たちは次々と監獄に挑み、囚われていく。その様子を見ていたルパンたちは、無事監獄に潜り込むことに成功するが…!?

金曜ロードシネマクラブより

今作には、オリジナルレギュラーキャラクターである「八咫烏五郎」も再登場しています!!
八咫烏五郎は、通称「やた」と呼ばれる銭形の部下で、「ルパン三世 PART 5」に登場したキャラクターです。銭形を心から尊敬しており、熱く正義感の強い若き刑事です。

別のルパン作品のオリジナルキャラクターがテレビスペシャルに再登場するのは今回が初ですので、今作ではやたがどのように関わってくるのかも気になるところですね!

ネタバレ!

北海道某所の未明、刑務所。

ルパンが脱獄したとの一報を受け、剣持警部はルパンを逃がすまいと刑務所の外まで追いかけるも、実はそれはルパンの罠。。

ルパンが乗ったと思われた車に乗っていたのは、ルパンの仮面を被った次元、ルパンは、剣持警部の運転するパトカーの荷台に潜り込んでいた。

まんまとルパンの罠にはまり、またしてもルパンを取り逃してしまうーーー

と、それは剣持警部がみた夢だった。

昔、ルパンを逃してしまったことが、悪い夢となっていた。

剣持警部が起きるとそこは飛行機の中だった、”ある場所”へ向かうためだった。
今回剣持警部が”ある場所”へ向かった理由は、ルパンの脱獄を防ぐわけではなく、近づかせないためだという。

”ある場所”の名は、「エルギュイユ監獄」。フェクターコルデットフィネガンが収監されている牢獄だった。

ヘクターコルデットフィネガンは、世界の政治家のお宝を貧しい人に分け与えたとして、世界中の庶民にも親しまれた泥棒だった、が、死刑が執行されたという。

そのフィネガンの財宝をいただくために、ルパンたちはフィネガンを脱獄させ、お宝のありかを聞き出すというのが今回のお仕事だ。

ルパン、五エ門、次元の3人で車に乗り向かう道中、どうも五エ門の機嫌が悪い。

五エ門は、

「ルパンは浮かれ、次元は私情を挟む。誰も真面目に取り組んでいる奴がいない。」
とご立腹の様子。

実は次元、過去にフィネガンに命を助けてもらったという義理があることがわかった。

ここで、3人は喧嘩をしてしまう。

町につくと、そこはなんだかお祭り騒ぎ。
どうやら町はかなり景気が良い様子だ。

エルギュイユ監獄は、元王族の城だったもの。
国王は、死に、継承者とも言われていた王子も病いに倒れなくなったと伝えられていた。

ルパンは、不二子に監獄内のMAPをもらい、入り口を聞き出すも、本来5つあるはずの入り口のうち1つしか案内がなかったことに不思議に思う。

逆ハックをして不二子の履歴を見ると、他にも4つの泥棒たちがきていることがわかった。
空飛ぶ大泥棒ドクハインツ、泥棒ロボット使いのハルマー兄弟、百獣の泥棒、俺じゃーね男爵、大爆発泥棒、ダイナマイトジョー。

年に一度の花火が打ち上がる日、泥棒たちのフィネガン争奪戦も幕が開く。

花火の打ち上げと共に、一斉にルパン以外の泥棒たちが入っていった。
がしかし、次々とあっけなく捕まっていく泥棒たち。

ルパンたちは、他の泥棒たちがどんな罠にはまって掴まっていくのかをチェックしていたのだ。

これで、ルパンたちの下調べは完了!
いざ、牢獄内に侵入だ!!

ところかわり、牢獄内のセキュリティールーム。

全監視カメラをくまなくチェックしている中に、剣持警部と八咫烏五郎の姿があった。

剣持警部は、万全なセキュリティー体制について称賛するなどしていたところへ正面入り口に現れたのは、なんと別の剣持警部と八咫烏五郎!

入り口の剣持警部は、セキュリティー内にいるのは、変装したルパンたちだと主張する。
しかし、セキュリティールーム内の剣持警部らも主張する。

双方が言い合う中、どちらが本物なのかというところで、後ろから警備隊に変装した不二子が、剣持警部の頭を一撃。

危なかったとの一言で、セキュリティールームの剣持警部と八咫烏五郎は偽物と判断されてしまい、牢屋に入れられてしまう。

ルパンたちは、無事に侵入成功!
そこからは、他の泥棒たちがはまった罠をつぎつぎと潜り抜ける。

数々の罠をくぐり抜け、最後は特殊なバルーンを膨らませ、3人が洞窟内に入り、氷ついてしまう噴射を切り抜けた先にあるドアを開けると・・・

そこは、フィネガンの独房だった。

フィネガンに、一緒に脱獄をして財宝をもらうと話を持ちかけると、フィネガンもその話に乗る。

フィネガンとともに歩くルパンたち。ルパンはいう。

「牢獄内のあちこちにある穴は、ある巨大な仕掛けが眠っている。
ただ、国を滅ぼすほどの大仕掛けで、いちども動いたことない。」

という。
そこで、フィネガンが、抜け道の仕掛けを見つける。

仕掛けの先の地下通路を歩いていくも、なかなか出口にたどり着かないルパンたち。
五エ門が異変に感づくも、時既に遅し。

実は、フィネガーが招いた罠だった!

「死刑は姿を晦ますための方便。脱獄の手助けは迷惑でしかない。」
と言いながら、かつて命を救った次元の帽子を飛ばしてしまう。

警備隊に囲まれ、逃げ場を失ったルパンたち。
次元はあえなく捕まり、五エ門は、足を滑らせ、崖下に落ちてしまう。
五エ門を救おうとしたルパンも、一緒に崖下へ落ちていってしまう。
五エ門が、ルパンを守るために蹴り、2人はバラバラに。
2人の命はどうなったのだろうか。。

ところ変わり、小鳥の囀りが鳴り響く場所。
そこに、次元が寝ていた。
お腹には綺麗に巻かれた包帯が。

次元が目を覚ますと、そこには先ほど剣を交わした敵であったドルテがいた。

ドルテは国の剣士。ロレンサからの支持を待ち、ここで待機しているという。

彼はいう、

「国の言い伝えに、いつか国が滅びるとき稲妻をも切り裂く伝説の剣士が国を救う」
フィネガンが現れて、国は何度も危機となってきた。
もしかして、五エ門がその伝説の剣士なのではないかと問うも、五エ門は、国の危機を誰かに守ってもらうようでは、国はいつか滅びると伝える。

一方、ルパンは、崖の下で命を取り留めていた。

再度監獄の中に侵入してみると、そこには牢獄に入った1人のおじいちゃんが。

実は、それこそがエルデンデ王国の現在の国王だった!
国王は、病いに伏していると伝えられていたが、実は囚われていたのだ。
病死した王子も、どうやら病死では無い様子。。。

事情を探るために動き出したルパンと不二子。
剣持警部と八咫烏五郎も、どうにか牢獄から逃げ出す。

すると、牢獄内には、世界の有名テロリストと新しい武器が。
実体は、武器商人の取引マーケットだった。

そこに、先に捕まった泥棒たちや、次元、剣持警部までもが人身売買に賭けられてしまう。

そこで、ルパンたちが大暴れ!
八咫烏五郎や剣持警部も一緒に、マーケットの場が大荒れしたのと同時に、ルパンたちは勢揃い。

そんな状況をセキュリティールームから見ていたフィネガンとロレンサ。どうやら、ロレンサはフィネガンに何かを握られているようだ。

ロレンサが握られていたのは国王の命だった。
国王の命と引き換えに、ドルエンテ国をも潰してしまうという”何か”を動かすスイッチを押すようフィネガンに脅されていた。
スイッチを押そうとしたところへ、ルパンたちが登場。

ルパンは、ロレンサを説得する。
が、ロレンサはルパンを信用できず、”密閉壁”を作動させてしまう。

ルパンたちは、迫りくる壁から逃げながら、ロレンサと一緒に国王のところへ。

国王のところへ着いた一行は、国王に”密閉壁”を作動したことを伝える。
国王は、フィネガンに放浪され、多くの王族を失い、フィオもこの世を去ったと伝えられた国王は、心を閉ざしたと話す。

が、「フィオ王子は、生きている」とロレンサは言う。
身分と顔を隠し、剣士としてロレンサとともにいた。

王宮島へ潜むように伝えてあると話していると、ルパンがロレンサの胸元にある”盗聴器”に気づく。

フィネガンに盗聴されてしまっていたのだ。

フィネガンは王宮島へ、ルパン一行もそれを追う。

剣持警部と八咫烏五郎が乗っていた乗り物に、不二子とロレンサが乗り、ルパン、次元と五エ門はいつもの車で王宮島へ。

ロレンサとフィネガンの手下は、王宮島へ向かう道中で戦い、ロレンサが勝利。

その頃に、フィネガンは、王宮島へ到着してしまっていた。
フィネガンは、後に国を乗っ取るために、顔をフィオ王子と同じ顔に整形していたのだ。

フィオ王子は、国を守るために自ら戦い、フィネガンを食い止める。

無事に、国は守られた。


放送を見逃してしまった方や、動画配信先をお探しの方は、こちらもご覧ください。

ゲスト出演の声優さんに阿佐ヶ谷姉妹が!!

今作のゲスト声優さんとして、阿佐ヶ谷姉妹が出演しています。

2人は本作の舞台・ドルエンテ王国の実情と事件の発端を伝えるアナウンサー役

を担当し、美穂さんはセリフは短かったようですが、江里子さんは台本4ページ半ものセリフがあったようですので、決してちょい役とは言えない役どころと言えそうです。

実は、このゲスト声優での出演には、昨年2018年12月に放送された「女芸人No.1決定戦 THE W」が関係しています。

こちらの番組で、阿佐ヶ谷姉妹は見事優勝を勝ち取り、日本テレビの全レギュラー番組の中から好きな番組を選んで合計視聴率100%分出られる「日テレ100%券」を獲得しました。

お2人が希望したのが、「金曜ロードSHOW!」への出演だったので、今作でのゲスト声優担当に至ったそうです。

江里子さんの収録は1時間以上を要したそうで、阿佐ヶ谷姉妹演じる女子アナがどんなシア帰りとなっているのかの注目してみるのも楽しいですね!

視聴者の感想や口コミは?

視聴者の感想や口コミはどうなのでしょう。

こちらも、放送後に更新していきます!

ここで、放送前の皆さんの反応を少しみてみたいと思います。

「ルパン三世 プリズン・オブ・ザ・パスト」の視聴率は?

視聴率については、情報がわかり次第、追記していきますね。

ここで、過去のルパン作品の視聴率を少しみてみましょう。

「グッバイパートナー」:8.7%
「ルパン三世VS名探偵コナン」『金曜特別ロードショー』枠の本放送時には19.5%、2度目の『金曜ロードショー』枠の放送時には15.2%
「カリオストロの城」16回目の放送(2018年)11.0%

近年、テレビの視聴率を取るのは難しいと言われている中この視聴率ですから、ルパンの人気の高さがわかりますね〜!!

今後も、まだまだルパンの人気が衰えることはなさそうです!

まとめ

今回は、
ルパン三世プリズン・オブ・ザ・パスト|ネタバレや感想!視聴率も

についてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

ルパンの作品は、面白くていつも見入ってしまいます。
ルパンの映画が12月6日に公開とのことですので、そちらも気になってきますね〜。

そして、ルパン作品を一度観ると、他の作品も見返したくなっちゃいます(笑)

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA